内装解体でよく聞く「スケルトン解体」とは?

未分類

内装解体の一つに「スケルトン解体」というものがあります。

スケルトン解体では、建物の壁・天井・柱などを残して内装のみを解体します。

このページでは、内装解体でよく聞くスケルトン解体とは何なのか、スケルトン解体が行われるケースやスケルトン解体のメリットと合わせてご紹介します。

スケルトン解体とは?

スケルトン解体とは、建物の壁・天井・柱などを残して内装のみを解体する工事のことです。

「スケルトン」とは「骨組み」を意味しています。

つまり建物の骨組みだけを残してそれ以外を解体する工事がスケルトン解体です。

建物の骨組み以外を全て解体するため、スケルトン解体をした後はコンクリート打ちっぱなしのような状態になることが多いです。

スケルトン解体が行われるケース

内装や設備などを新しく取り替える場合にスケルトン解体が行われます。

スケルトン解体はたとえば次のようなケースで行われます。

  • 住宅やマンションのリフォーム
  • 雑貨店やレストランなどのリフォーム
  • オフィスや事務所などを移転する場合のリフォーム

このようにスケルトン解体は幅広く行われています。

スケルトン解体のメリット

スケルトン解体には様々なメリットがあります。

安く済む

スケルトン解体では、建物の壁・天井・柱などは残します。

建物全部を解体する場合よりも工程が少なくなるため工事にかかる費用が安く済みます。

廃棄物の数も少なく済むため、廃棄物の処分費用も安く済むのです。

新たに建築する場合と異なり残してある部分を再利用することになるため、建築費用もかからずに済みます。

建物の現状がわかる

スケルトン解体では構造物以外を解体するため、建物の現状を把握できます。

腐食している部分や破損している部分が発見でき、その部分の補強も同時に行うことができるため安心です。

利便性や快適さがアップする

スケルトン解体をした後は、耐震性の強化・断熱工事・遮音工事・新たな設備の導入などが行えます。

そのため利便性や快適さがアップします。

まとめ

このページでは、スケルトン解体について、スケルトン解体が行われるケースや、スケルトン解体のメリットなどをご紹介しました。

スケルトン解体は内装解体の一つで、建物の壁・天井・柱などを残して内装のみを解体します。

スケルトン解体では「安く済む」「建物の現状がわかる」「利便性や快適さがアップする」といったメリットが得られます。

現在の建物に求める内容に合わせて、スケルトン解体をするか検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました